求人広告の正しい見方は、求人の情報サイトです

広告について

求人広告のお話をする前に、広告についてお話しておかなければなりません。広告と言えば、辞書で調べてもまず第一に出てくる意味は、広く世間一般に告(つ)げ知らせることと言う風に書いてあります。主に商業上や政府などの啓蒙用に用いられることが多いですが、みなさんもそこかしこで、広告というものをご覧になったことがあるでしょう。例えば、テレビのCMやインターネットや新聞に載っている広告、あるいは新聞に挟まれていたり、ポストに投函されているチラシもそうですし、街角やビルの屋上それから駅や空港で見かける看板タイプの物も広告です。タクシーやバスの側面にも貼ってあったり、広告そのものを身にまとって街頭でキャンペーン商品を配ったりする若い男女も見かけます。プロのサッカーや野球の試合を見に行けば、球場には企業名が広告としてたくさん貼ってありますし、そこで買ったお弁当のお箸袋にも広告が載っていたりします。まさに、日本全国広告だらけであると言ってもいいでしょう。
日本を代表する広告代理店のクリエイターで、海外とも積極的に連携していらっしゃる方が広告についてお話していました。「広告を作る側は、広告というものは一般庶民にとって、迷惑なものであると言う認識がないといけない。」なるほど、当事者が言うと説得力がありますね。そして、ウソや詐欺まがいの誇大広告を広告屋さん同士が、審査機構を設立して、私たちが安心して広告の提案に乗れるようにしてくれています。とはいえ、たいていの広告が合法的な範囲内で、誇大というかオーバーリアクションのような気がしますが、どうでしょうか。

このページの先頭へ

求人広告とはそして求人情報とは

そんなあまたある広告の中で、就職や転職の際に使うのが求人広告と呼ばれるものであります。最近では、有料誌やフリーペーパー、折り込みチラシやインターネットなどなど様々なメディアで募集されているのを見たことがあるに違いありません。昔のように企業に直接電話をかけて、採用募集をしているかどうか聞いたり、知り合いに頼んで口利きをしてもらったりしなくてもいいようになりました。
求人広告と言うのは、具体的にどのようなものなのでしょうか。また、どのような性質があるものなのでしょうか。最近は、求人広告が求人情報化してきたと言われていますが、どのようなことでしょうか。後ほど、お話したいと思います。

このページの先頭へ

求人情報をどう見るのか

情報といえば、求人情報に限らずとくに氾濫している現代においては、やみくもに集めても正しく解釈しなければ、誤解を招き失敗も増えるため、時間的にも大変な損質を被ることになるでしょう。それを防いで、なるべく正しい努力と工夫をしていくのがいいですよね。求人情報についても、就職や転職について、それに至るまで情報を精査して、正しい就職や転職活動をしたいものです。のちほど、求人情報の見方など基本からお話したいと思います。もちろん、このお話を見ているみなさんが、いい就職や転職にたどり着けるようにお話していくつもりです。

このページの先頭へ

登録型の求人広告

中には、なかなか最適な職が見つからないと言う方もいらっしゃるかもしれません。そんな方にとってはいい意味で手段を選ばず、能動的にも受動的にも就職や転職を決めるために、何かしらの策を練り手を打たなければなりませんよね。昔なら、家族や親兄弟それから親戚や近所の職人さんなど、職に困っていたらやさしく手を差し伸べてくれる環境がありました。今も全くなくなったわけではありませんが、希薄になったことは確かですよね。
現在そんな就職難民とも呼べる人たちを救ってくれるのが、行政機関ではハローワークであり、民間では請負、派遣、紹介派遣と言われる昔でいうところの「口利屋さん」ということになります。きっかけは、同じように求人広告や求人情報に、たくさん載っていますから、後ほど情報の読み取り方や、登録の流れについてお話したいと思います。

奈良で求人情報を探すなら「はたらいく」
http://www.hatalike.jp/PLA_012/

このページの先頭へ